presented by
Menu
途中交代後

ボアテングは筋肉硬化

 FCバイエルンは来る週末のバイエル・レヴァークーゼン戦で、ジェローム・ボアテングのパフォーマンスを当てにできる。ロストフから帰還後、FCBの医療チームによってMRIを含む詳しい診察を受けたところ、ボアテングの症状はただの筋肉硬化と判明した。ドイツ代表でもあるバイエルンのDFは、アウェイで行われたチャンピオンズリーグのロストフ戦(2-3)に出場したが、58分に途中交代していた。

News