presented by
Menu
試合後のインタビュー

「我々にとってこの勝利は大きな意味を持つ」

 FCバイエルンが11月26(土)、バイエル・レヴァークーゼンをホームのアリアンツ・アレーナに迎え、2-1で勝利を収めた。アンチェロッティ監督は、「我々にとってこの勝利は大きな意味を持つ」と述べ、マヌエル・ノイアーは、「この試合に快勝できると思っていた人は1人もいない。むしろ、ハードワークが必要不可欠だと考えていた。そして、僕たちは今日それを実行した」と振り返った。

試合後のコメント一覧

カルロ・アンチェロッティ「我々にとってこの勝利は大きな意味を持つ。レヴァークーゼンは強いチームだし、今は難しい時期に差し掛かっているだけに、今日は厳しい試合だった。良い時期もあれば、悪い時期もある。時には良い試合をするよりも単純に勝利することの方が重要なときもある。これから素早く改善していけると私は確信している」

マヌエル・ノイアー「この試合に快勝できると思っていた人は1人もいない。むしろ、ハードワークが必要不可欠だと考えていた。そして、僕たちは今日それを実行した。今の僕たちには、少しばかり気楽さと安定が足りない」

トーマス・ミュラー「過去もそうだったが、今は楽な状況ではない。だから、勝利するためにハードワークが求められる。僕たちは100%満足しているわけではない。まだやることが残っていることは分かっている。だが、それでも今日はゆっくりベッドで寝るよ」

ロジャー・シュミット(バイエル・レヴァークーゼン監督)「カルロとFCバイエルンを祝福する。接戦だった。我々は、プランしていた通りとても勇敢に戦った。バイエルンがゲームを支配し、こちらが押し込まれるという時間帯もあったが、それは当たり前のこと。だが、私のチームはそれに対して良くレスポンスした。PKが与えられるべきシーンがあったが、私は試合中はそう認識できなかった。あれは参加者全員にとって難しい状況だった」