presented by
Menu
試合後のコメント

「勝利が妥当な結果だった」

 公式戦8試合連続で負けなしをキープしたバイエルンだが、1899ホッフェンハイムとの頂上決戦は、内容を見る限り、できれば勝者としてピッチを去りたかった。「演出したチャンスを考慮すると、勝利が妥当だ。だが、これがサッカーだ。単純に運に見放されることも時にはある」と、試合後にカルロ・アンチェロッティがコメントした。

試合後のコメント

カルロ・アンチェロッティ「我々は序盤、少し難しい状況に置かれていた。ホッフェンハイムのプレスを上手く掻い潜れなかった。後半は、激しさ、攻撃姿勢、プレーの質を高めて戦った。演出したチャンスを考慮すると、勝利が妥当だ。だが、これがサッカーだ。単純に運に見放されることも時にはある」

マッツ・フンメルス「ホッフェンハイムは非常にアグレッシブにプレーしてきた。それに僕たちは立ち上がり、少し高慢にプレーしてしまった。それは認めざるを得ない。試合が0-1になってからは、パフォーマンスが良くなったね。後半は良いチャンスを何度も作れたし、ポスト直撃のシーンも2回あった。そこで試合を決めなければいけなかった」

ユリアン・ナーゲルスマン(1899ホッフェンハイム監督)「後半の内容を見ると、バイエルンの勝利が妥当な結果だっただろう。後半から彼らが凄まじいプレッシャーをかけてきて、我々には息つく暇もなかった。守備により意識を集中させられてしまった。これは我々が本来望む戦い方ではない。我々がどこからミュンヘンに来たかを考えれば、勝点1を獲得できたことは嬉しいよ」