presented by
Menu
3万ユーロの小切手

FCバイエルンが特別支援学校に寄付

 FCバイエルン・ヒルフェは、1年で365日、数々の慈善活動をサポートしている。しかし、火曜日は、特別なプログラムが実施された。バイエルン・ヒルフェのカール・ホプフナー会長、クラブのウリ・ヘーネス会長、ジェローム・ボアテング、シャビ・アロンソ、そしてクラブのマスコットのベルニが、特別支援学校を訪問した。もちろんたくさんのプレゼントを携えて。

 ウリ・ヘーネスは、「ご近所さんだし、ここの学校をサポートすることは、我々の大事な責任だ」と、1964年から交流を続ける学校でのイベントに際してコメント。これまでと同様に、たくさんのプレゼントを持参。そしてバイエルンの代表団は、FCバイエルン・ヒルフェの代理して3万ユーロの小切手をヨハネス・ナウエルツ校長に贈呈した。

 FCバイエルン・ヒルフェを統括するカール・ホプフナーは、「子供たちにとって学校を良くしていくためにFCバイエルン・ヒルフェは資金提供をする」と説明。FCバイエルン・ヒルフェの議長でもあるヘーネスは、「我々はクラブができる、あらゆる方法で学校を支援していきたい」と続けた。学校の子供たちは、素敵な商品が用意されたクイズ、サイン会、写真撮影会などに目を輝かせて喜んだ。子供たちにとって、学ぶことがいつもよりもさらに楽しいことになっただろう。

News