???header.presentedBy???
???header.menu.label???
「夢だった」

子ども、そしてゴール! 幸せなレヴァンドフスキ

 夜の試合でベビー・パフォーマンス、その次の日に子供が誕生 ― そのように、あっという間に全てが起こることもある。しかしロベルト・レヴァンドフスキは、まだ何ヶ月か待たなければならないようだ。FCBのゴールゲッターは1-0で勝利した火曜日のアトレティコ・マドリード戦後、「僕の妻のアナは妊娠していて、今5ヶ月目なんだ」と輝く笑顔で打ち明けた。その数十分前、ピッチで歓声を沸き起こしたレヴァンドフスキはボールをユニフォームの下に隠し、親指をくわえたゴールパフォーマンスを見せ、スタジアムの7万人とテレビの前のファンにレヴァンドフスキ家が第一子を授かったことを報告した。

 28歳のポーランド代表は、「次にミュンヘンでゴールを決めたときにしようと決めていたんだ。妻が妊娠したら公の場で報告することは、僕の夢だった。とても嬉しい」と語った。見事なフリーキックを夫人に捧げることができ、とても誇らしいことだろう。レヴィは「あのゴールは、彼女と彼女のお腹にいる子のためのゴールだ。僕にとって特別な試合、特別なゴールだった。あの瞬間に、とても満足している」と続けた。

22試合で17ゴール

 レヴァンドフスキの幸せを事前に知っていた者は、チーム内にもいなかった。マッツ・フンメルスは、「あの瞬間、ほとんど全員がびっくりさせられた。それで突然おめでとうと声をかけることになった」とゴール後のピッチの状況を説明した。カルロ・アンチェロッティも試合後、新しく父となるストライカーを祝福し、「子供がいることは、更なるモチベーションになる」とコメントした。

 だが昨シーズンと同様、今シーズンもレヴァンドフスキのモチベーションとパフォーマンスに不足はまったく見られない。今季22試合目の公式戦となったアトレティコ戦で、レヴァンドフスキは17ゴール目を挙げている。同時にこれは直近のCL7試合で挙げた6得点目で、直近のCLホーム戦では12試合中14得点目だった。そしてこれが5日間で2回目のフリーキックからの得点であったことも、もちろん忘れてはならない。

故郷からのゲスト

 レヴァンドフスキは自身の新しい強みについて、「2、3ヶ月ほど規則的にフリーキックの練習をしていた。チャンスがあまりない試合では、フリーキックは重要になる」と説明した。それがまさに当てはまるのが、火曜日のアトレティコ戦だった。フンメルスは「厳しく、良い練習の賜物だ。今シーズンずっと、彼がフリーキックの練習をしていたのを見てきた。距離のあるところからでも、彼はかなり高いレベルのゴールを挙げることができる」と打ち明けた。

 このフンメルスの言葉を、火曜日晩のアリアンツ・アレーナで実際に自分たちの目で確かめることになったのは、ポーランドから訪れた19人のユース選手たちだ。シュチェチンとヴィドゴシュチュからミュンヘンにやって来たポーランドのU9とU11優勝者たちは、彼らの大スターであるロベルト・レヴァンドフスキに会うために水曜日にゼーベナー通りを訪れた。ポーランド代表ストライカーの子どもたちへの接し方は完璧だった。そのことは、子どもたちの目の輝きに表れていた。

???article.detail.related-content.headline???