presented by
Menu
プレスリリース

「救済試合」:バイエルンがオッフェンバッハを支援

 FCバイエルンは2017年の夏に特別な試合を予定に加えた。2017年8月30日(水) 、FCバイエルンは、ヘッセンの伝統クラブ、キッカース・オッフェンバッハの「救済試合」を行う。かつて1部リーグにも所属したキッカース・オッフェンバッハは、この「救済試合」が決まったことで、経済的な不足を埋め、経営破綻を免れた。

 カール=ハインツルンメニゲは、「キッカース・オッフェンバッハは、伝統クラブであり、ドイツにとって常に重要なクラブであった。だから我々は喜んで救済試合を行う」と述べ、「この試合の収益はすべてキッカース・オッフェンバッハの救済のために使われる。我々はこうやって、伝統クラブが未来を確保するための手助けが、これからもできることを願っている」と続けた。

 「救済試合」は、ブンデスリーガ2017 - 2018シーズンの第2節終了後に開催される。正確なキックオフの時間は未定。

News