presented by
Menu
ブラジル、ドバイ、テーゲルン湖

バイエルン選手のクリスマス

 ウィンターブレイクがやって来た。31試合(テストゲーム6試合を含む)を戦い抜き、ウィンターブレイク前の最後の試合でRBライプツィヒに勝利し、素晴らしいクリスマスを迎えることができる。間違いなく、FCバイエルン選手たちはこのオフ期間を非常に楽しみにしている。そして彼らが、クリスマスの予定についてバイエルン・マガジンに語ってくれた。

 トーマス・ミュラーはウィンターブレイク期間中、妻と共に過ごす。「リラックスして体力を回復するためにも、このオフは僕にとって本当に大切なんだ」クリスマス・イヴについては、「僕らにとって大切な日だけど、僕が子供の時に両親の家で過ごすようには祝わないと思うよ」と、ミュラーがコメントした。

 フィリップ・ラームはクリスマスを祝う予定だ。バイエルン主将はテーゲルン湖の家で家族と共にクリスマスを過ごす。「僕ら家族にとって、非常に大事な日なんだ。僕の息子は特にとても楽しみにしているし、正直に言うと僕も同じだ。子供とクリスマスを過ごすと、昔のことを思い出すよ。自分が子供の時の思い出とかね」プレゼントを交換する前にラームは歌を歌い、ラームの義兄弟がご馳走を作ることになっている。「彼はコックだ。もちろん、素晴らしい料理を僕らに準備してくれるはずだ。何でも良いけど、まず僕を満足させる料理じゃないといけないよ」と笑いながら語った。

アラバのクリスマスは大規模

 ダヴィド・アラバも故郷ウィーンへと向かい、大人数でクリスマスを迎える。アラバは、「おそらく30人から40人ぐらいが、クリスマスツリーの下にプレゼントを持ってくると思う。皆にとってはリラックスできるように食事は注文するよ。とてもこのオフ期間を楽しみにしているんだ。なぜなら、あまり家族全員と会うチャンスがないからね」と話した。

 ロベルト・レヴァンドフスキにとっては今年のクリスマスは“特別“だ。妻アナが妊娠していることだ。「僕と僕らにとって、最も美しいプレゼントだ。今、彼女のお腹の中に僕の新しい家族がいる」レヴァンドフスキはポーランドで彼の全家族とクリスマスを祝う。「クリスマスツリーとその下にあるプレゼントと一緒にクラシックなクリスマスを過ごすよ。クリスマス期間中は多くの美味しい物を食べるよ。まだ、何か分からないけどね。僕の奥さんはシェフと同じぐらい料理が上手いんだ」と、バイエルンFWが語った。

コスタの里帰りは長い

 ほとんどのバイエルン選手たちはこのオフ期間中に生まれ故郷に戻る。特にレナト・サンチェスにとって大事な時間になるだろう。19歳のポルトガル代表は、ほとんどの時間を故郷のリスボンで過ごしてきた。バイエルンに加入してから半年、初めて故郷に帰れることを楽しみにしている。

 長距離移動を強いられるのが南アメリカ大陸出身のバイエルン選手。ダグラス・コスタはミュンヘンから生まれ故郷サプカイア・ド・スル(ブラジル)まで10.679kmの距離を移動する。だが、間違いなく彼は夏の気温と多くの美味しい食べ物を楽しむことだろう。ラフィーニャもブラジルの太陽を楽しみにしている。「僕らは12月24日に真夜中まで盛大なパーティで祝うんだ。ご飯を食べたらダンスを踊り、音楽を奏でるんだ。それが日の出まで続くよ」と、ラフィーニャがブラジル流クリスマスの過ごし方を説明してくれた。チームメイトのアルトゥーロ・ビダルはオフ期間は母国チリに戻らず、ドバイで家族と過ごす。

エキゾチックな料理

 すべての国には独自の素晴らしい料理がある。それはキングスレイ・コマンの母国フランスでも同様だ。彼はパリで家族と共に食卓を囲ってクリストファン・オ・グラテンとポア・ダンゴル・シュアシ(ハヤトウリを使った料理)を楽しむだろう。コマンはクリスマス・イヴにこのエキゾチックな料理を食べることを今か今かと待っている。

 ハヴィ・マルティネスは数日間長くプレゼントを待たなければいけない。スペインでは、公現祭の1月6日にプレゼントを貰う文化だ。それでもクリスマス・イヴにはご馳走を食べる習慣は他国と変わらない。「母さんは料理がとても上手いんだ。シーフードも豊富だし、サラダ、ハムやチーズと食べる冷たい料理もある。これがスペインでは普通なんだ」と、マルティネスが話した。そして、真夜中に一緒に協会に向かう。

監督は自分で料理を作る

 フランク・リベリーの場合、イスラム教のクリスマスは間違いなく少し違う。だが、リベリーは自分の家族と両親と一緒にオフ期間を過ごす。「両親はいつも美味しい料理を一緒に作っている。でも、一番大事なのは雰囲気だ。みんなと一緒にいる時は、僕は楽しいよ。両親と子供たちにプレゼントも用意している」と、リベリーがコメントした。

 北イタリアの町出身のバイエルン監督カルロ・アンチェロッティは家族や友人の為にトルテリーニ・アラ・カルロをストーブで作る予定だ。アンチェロッティは、「これは私の大好物なんだ。家族も友達も大好きさ。私は本当に美味しく作れるのさ」と笑いながら答えた。では、メリークリスマス!

News