presented by
Menu
試合後のコメント

「このパフォーマンスは自信を与える」

 アトレティコ・マドリードに1-0(1-0)で勝利したFCバイエルンだが、この結果がグループ内の順位を変えることはない。だが自身の強さを信じる心には、大変良い影響を与えた。監督カルロ・アンチェロッティは、「我々は90分以上良いプレーをし、多くの場面でコントロールを握り、ボール保持率も高かった」とチームのパフォーマンスに満足を示した。そして続けて、この試合でのパフォーマンスはドイツマイスターのFCBに「今後の試合に向けて自信を与えた」と語った。

試合後のコメント

カルロ・アンチェロッティ:「我々は90分以上良いプレーをし、多くの場面でコントロールを握り、ボール保持率も高かった。そしてアトレティコにカウンターを許さなかった。このパフォーマンスは我々に、今後の試合に向けて自信を与えた。これからまずは、抽選を待たなければならない。ラウンド16は、全員にとって難しいものになるだろう」

ロベルト・レヴァンドフスキ:「論理上、この勝利は何の意味も為さないが、僕たちの精神には重要なものだ。この2、3カ月フリーキックの練習をしていた。そして今、試合でも決められるようになってとても嬉しい」

マッツ・フンメルス:「大変良い試合ができた。僕たちはとてもやる気に満ちていて、とても積極的だった」

ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリード監督):「特に守備面において、良い試合ができた。最初の15分間に2回もチャンスを演出したが、その後はバイエルンが強さを見せた。もちろん彼らのほうが断然良かった。特に後半は。しかし我々も、同点のためのチャンスを手にすることができた」

News