presented by
Menu
試合後のコメント

「もちろんほっとしている」

 ダルムシュタットとのアウェイ戦は、ダグラス・コスタの天才的なシュートによって最終的にFCバイエルンが勝利を手に入れた。カルロ・アンチェロッティは試合後に「難しい試合だった」と安堵した様子を見せ、マヌエル・ノイアーはドイツマイスターのバイエルンにとってベストの日ではなかったと認めた。しかし最重要ポイントは、「大変重要な勝点3を獲得」したことだ。

コメント一覧

カルロ・アンチェロッティ:「難しい試合だった。ダルムシュタットは大変良い守備をした。我々は前半、十分速くプレーすることができなかった。後半は少し良くなった。最終的に最も重要なことは、勝って1位の座を守ることだ。それに関しては満足している。しかし我々はもっと良く、速くプレーすることができる。水曜日のライプツィヒ戦では最善を尽くし、勝利できるように試みる」

マヌエル・ノイアー:「もちろんほっとしている。僕たちは大変重要な勝点3を獲得した。前半のようなパフォーマンスは、FCバイエルンのパフォーマンスではなかった。プレーのテンポもパスの精確性も、バイエルンに相応しいものではなかった。これら全てが今日のプレーには欠けていた」

マッツ・フンメルス:「自陣深くに引き、アグレッシブな守備をするチームを相手に精確なパスを出すのは簡単ではなかった。僕たちは守備のいくつかの場面で、最初のコンタクトが悪かったために状況を自ら難しくしてしまった。ダルムシュタットでの試合はそういうものだ。僕が見た中では、ここで魔法みたいなサッカーで勝ったチームはいない。誰もが戦い努力する、それを僕たちも行った」

ラモン・ベルンドロート(ダルムシュタット98監督):「我々の目標は、ファンが我々を誇りに思えるようにプレーすることだった。それは上手くいった。しかし生粋の監督としては、もちろん勝点が欲しかった。我々は本当にバイエルンを苦戦させたが、彼らは単純に全てのポジションにトップクラスの選手を抱えている。あの夢のように美しい最低のゴールが、我々に敗北をもたらした。一見運良く決まったように見えるが、あれは技術だ」

ペーター・ニーマイヤー(ダルムシュタット98):「闘志を奮い立たせ、全力を尽くした。残念ながら僕たちは、日曜日の試合にふさわしく特別見事なゴールによって負けてしまった。今夜はあの僕のチャンスの夢を見るだろう。別の方向を狙うべきだった。僕たちのうち、誰も勝利を予期してはいなかった。僕たちが勝点を獲得できる相手との試合はまだある」

News