presented by
Menu
試合後のコメント

「最初の30分間は完璧だった」

 FCバイエルンは、最高の形で今年を締め括ることができた。ドイツマイスターのバイエルンは、ウィンターブレイク前最後の試合に3-0で完勝し、新年を向かえることになった。監督カルロ・アンチェロッティは「テンポも試合の進め方も、最初の30分間は完璧だった」とチームのパフォーマンスを称賛し、FCBのキャプテンも同様に満足を示した。

コメント一覧

カルロ・アンチェロッティ:「テンポも試合の進め方も、最初の30分間は完璧だった。我々は大変アグレッシブで、最初から試合を支配した。先制点後は、試合の流れは我々のものだった。勝利は我々に自信を与える。改善しなければならなかったが、それをしっかり成し遂げた」

フィリップ・ラーム:「ドイツ全体がこの試合に注目し、楽しみにしていた。実力を証明しようとする2チームの対決だった。ウィンターブレイクを前に、もう一度人々を感嘆させたかった。それは特に前半上手くいった」

ラルフ・ハーゼンヒュットル(RBライプツィヒ監督):「カルロ、そして彼の素晴らしいチームにおめでとうと言いたい。彼らは今日、彼らがしたいプレーを最初からしてみせた。前半、我々には全くチャンスがなかった。我々の最高のパフォーマンスを出せたとしても、難しい試合になっただろう。本来できるはずだが、我々は一致団結した守備ができなかった。だからこの試合は我々にとって教訓となった」

ウィリー・オルバン(RBライプツィヒ主将):「たくさんのプランを立てていたが、予定していたようなゲームはできなかった。今日はバイエルンの方が良いチームで、この大きな点差での勝利にも相応しかった」

News