presented by
Menu
試合後のインタビュー

「今日は楽しかった」

 FCバイエルンは、土曜日の晩の1. FSVマインツ05戦に3-1で勝利したことにより、ブンデスリーガで首位の座を奪還した。この日バイエルンは、特に前半に力強いパフォーマンスを引き出した。代表取締役社長のカール=ハインツ・ルンメニゲは、「この勝利は完全に順当なものだ。これは、カルロ・アンチェロッティ監督とチームが示した力強い意思表示だ」と話し、アリエン・ロッベンが「今日の前半のようなプレーは、ここ何週間も味わっていなかった。選手として、とても楽しかったよ」と90分を振り返った。

試合後のコメント一覧

カール=ハインツ・ルンメニゲ「今日はゲームを非常に支配することができた。特に前半でね。この勝利は完全に順当なものだ。これは、カルロ・アンチェロッティ監督とチームが示した力強い意思表示だ。良いプレーができ、さらに今夜のようなパフォーマンスが基準になれば、またリーグ優勝できるチャンスは大いにある」

アリエン・ロッベン「今日の前半のようなプレーは、ここ何週間も味わっていなかった。選手として、とても楽しかったよ。予想のつかない動きがたくさんあった。おそらく、最近は予想外の動きというものが僕たちには欠けていた。前半は本当に良かったし、本来はもっとゴールを決めなければならなかった。後半もそれを続けなければならない。速いペースの維持と素早いパス回しが求められる。だが、その部分で失速してしまった。ペースが落ち、もしかしたら動きも減ったかもしれない。3点目を決めなければならなかった。そうすれば、試合が決まるからね」

トーマス・ミュラー「序盤のショックのあと、攻撃時に素晴らしい動き、素晴らしい共通理解を示すことができた。後半はボールを簡単に失うシーンが多すぎたが、それでもインテンシティーがマッチした。今日は楽しかったよ!」

ユヌス・マリ(1. FSVマインツ05「僕たちは最初から全力を出し切った。こういう試合で勝点を得るには、最終的に全てが自分たちの方に転ばなくてはならない。今日は残念ながらそうはならなかった」

News