presented by
Menu
試合後のコメント

「きっとクリスマスパーティーの雰囲気も良いだろう」

 5-0で勝ち、リーグ首位の座も奪い返した。FCバイエルンにとって、これより素晴らしい土曜日の午後とは想像し難いものだろう!「これで僕たちは再びリーグトップだ。きっとクリスマスパーティーの雰囲気も良いだろう!」と喜ぶのは、ブンデスリーガで999分間ゴールなしに終止符を打つことができたトーマス・ミュラーだ。もちろんカルロ・アンチェロッティもこの日の試合に満足していた。 

コメント一覧

カルロ・アンチェロッティ:「我々のパフォーマンスは良かった。1-0の後、試合をよくコントロールしていた。いくつかのゴールでは運が味方した。選手たちはこのシステムでプレーしやすいようだ。我々は両方のシステムでプレーすることができる。トーマス・ミュラーについては、私も嬉しい。彼はいつもピッチで良いプレーをしている。ゴールを挙げられて良かったが、彼のパフォーマンスをゴールだけで評価することはない。彼はチームのためにハードワークを行っている」

トーマス・ミュラー:「これで僕たちは再びリーグトップだ。きっと今夜のクリスマスパーティーの雰囲気も良いだろう。ここ数試合、僕たちは良いサッカーをすることができていた。残り2試合でもそのように続け、リーグ1位でクリスマスを楽しめるようにしたい」

ヴァレリアン・イスマエル(VfLヴォルフスブルク監督):「おめでとう、バイエルン。相応しい勝利だ。ミュンヘンに乗り込んで試合をするなら、自信と勝利経験と共に臨まなければならない。試合経過は典型的なバイエルン戦に当てはまる。それでも後半は、我々もチャンスを探し、好機を作り出した。バイエルンはその圧倒的優位を明らかに示した。この試合は、我々にとって力を測る基準にはならない」

マリオ・ゴメス(VfLヴォルフスブルク):「ひどくて、気が滅入るような始まり方だった。少しの時間10人でプレーすることになったら、すぐにゴールを奪われてしまった。僕たちは、勝利と言わないまでも、きっと勝点1は獲得できると考えていた。だがそれは実現できなかった。ゴールシーンを見れば、僕たちの現在の状況が反映されている。だが最終的に、これが相応な勝利だとは言うまでもないことだ」

News