presented by
Menu
統計データ

ダルムシュタットには未だ無敗

 FCバイエルンは過去にダルムシュタット98と合計7回公式戦を戦っているが、一度も敗北を味わったことがない。直近の6試合は全てバイエルンが勝利し、唯一、1978年11月の最初の一戦が1-1の引き分けに終わった。fcbayern.comが、ダルムシュタット戦のその他の興味深いデータを集めた。

1位 vs. 最下位

 SVダルムシュタット98は、その時のリーグ1位のチームと通算7回対戦しているが、一度も勝利できていない(4敗3分け)。また、この4敗のうちの3敗は、バイエルン戦。一方バイエルンは、最下位との試合で高い勝率を誇る(15試合中12勝3分け)。

ホームで強いダルムシュタット

 ダルムシュタットは現在、14節を終えて勝点8を獲得しているが、全てホーム戦で得たポイントとなる。しかし、バイエルンをホームに迎える時に限っては、未だに勝点を得たことがない(3戦3敗、得失点数2:8)。

主審はダンカート

 日曜日のSVダルムシュタット98戦では、バスティアン・ダンカート氏が主審を務める。ロストック在住36歳のスポーツ科学者にとって、バイエルンの試合を担当するのは今季2回目。前回は、2-2で引き分けたアイントラハト・フランクフルト戦だった。レネ・ローデ氏とマルクス・ヘッカー氏が副審を務め、第4審判はパトリック・アルト氏が担当する。

News