presented by
Menu
「とても良い準備ができている」

大活躍を目指して準備するコスタ

 トレーニングを見物している人ですら汗を掻いている中、ダグラス・コスタは平然とした顔で練習に励んでいた。気温23度、風のない穏やかな気候で、コスタは部分的に長袖さえ着用する時間帯があった。ブラジル出身のコスタは、「ミュンヘンほど寒くないし、ポルト・アレグレほど暑くない。だからとても心地よいよ!」とドーハの気候を喜んだ。

 そしてシーズン後半に向けての準備に関しては、「とても良い」と報告している。コスタは今季の序盤に負傷離脱を余儀なくされたが、復帰後はずっとエネルギッシュな状態を維持している。「シーズン後半に向けてとても集中して練習している。大事なことだ」。そして故郷ポルト・アレグレでの休暇で良い教養ができたと語り、「シーズン前半は良かった。ここからまた始まる。全力を尽くす」と意気込みを述べた。

 また、厳しいメニューを乗り越える重要な要素のひとつが、「音楽」だと指摘し、「リラックスするのに必要なんだ。音楽を聴くと気分が良くなって楽しくなる」と説明。そして、大好きな歌手は誰かと聞かれると、ブラジル人シンガーのウェスリー・サファダオだと答えた。「彼とは仲がいいんだ」とコスタが話すサファダオは、同選手がかつて模範としていたロナウジーニョとも楽曲で競演したことがある。もしかしたら、コスタもいずれそのような機会を得るかもしれない。ひとつ確実に言えることは、彼はピッチの上では確実にそのチャンスを得られるということだ。

News