presented by
Menu
ドーハで練習

アンチェロッティ「我々はとてもハードな練習に取り組む」

 ドーハ合宿初日練習前、トレーニング場は静かだった。バイエルン選手たちはアンチェロッティ監督の周りに集まり、監督の言葉に選手は耳を傾けていた。そして、練習が始まった。合宿最初の練習後に、「今週は間違いなく大事な一週間だ。チャンピオンズリーグもすぐにやってくる。だから、我々はとてもハードな練習に取り組む」と、カルロ・アンチェロッティ監督が1月4日(水)昼にコメントした。

 バイエルン選手たちがアスピレ・アカデミーの最高に整備されたトレーニング場で合宿初練習に臨んだ。パス練習と数種類の戦術的フォーメーション練習を集中的に1時間行った。バイエルン指揮官は、「シーズン前半戦を終えて、我々は再び集中してトレーニングができる機会を得た。2週間以外は、試合とリカバリー練習だけを行っていた」と今シーズン開幕から多くのイングリッシュウィーク(週に2度の試合日程)について語った。

新加入選手はなし

 バイエルン監督と選手にとってドーハでの時間はより一層重要な時間だ。「我々は素晴らしい条件と天気の中でトレーニングができる。シーズン後半戦に向けての準備には完璧な環境だ」と、アンチェロッティ監督が述べた。ブンデスリーガでは首位、チャンピオンズリーグではベスト16に進出し、シーズン前半戦の目標は達成した。「だが、我々はもっと改善点がある」と、イタリア人指揮官は話した。

 非常に明白なことは、アンチェロッティ監督は3-0で勝利したライプツィヒ戦のようなゲーム内容をリーグ前半戦最後の試合でも望んでいる。バイエルン監督は、「この戦い方を続けていきたい。バイエルンは完璧なチームだ」と述べ、ウィンターブレイクが終わっても新しい選手を獲得するつもりはない。さらに、「チームには怪我をしないこと、選手の高いモチベーションが重要だ。バイエルン選手全員で勝利を目指したい」と、アンチェロッティ監督が語った。

ミスなし

 アンチェロッティはシーズン後半戦が今季の結果を決める大事な期間だと分かっている。「シーズン前半戦はミスをしても平気だが、シーズン後半戦はミスが許されない」と、バイエルン指揮官がコメントした。だから、バイエルン選手はドーハでハードワークしている。

News