presented by
Menu
マルティネスのQ&A

「僕たちはファミリーみたいだ」

 注意して声を聞くと、まだ風邪の名残が感じられた。しかし金曜日の午前、今年初めてチームの全体練習に参加したハヴィ・マルティネスが、FacebookのQ & Aに登場し、ファンの質問に答えた。その回答をfcbayern.comがここに紹介する。

ハヴィ・マルティネスのコメント

コンディションについて「休暇中に風邪を引いていたんだ。今は大分よくなったけどね。でも、今日初めてチームと一緒に練習できた。確かにまだ薬も飲んでいて、ここ3日間は練習量を下げているから、少し疲れてはいる。だが、これからの数日間でまた大分感触が良くなると思うよ」

休暇について「ウィンターブレイクはメンタル面に良い効果がある。単純にサッカーのことを忘れられるし、体力を充電できるからね。今はまた万全の状態に戻ったし、シーズン後半に向けてしっかり準備ができるだろう」

一番好きなポジション「どこでプレーするかは気にしない。チームの力になりたい。それが僕の目標だ。センターバックか守備的ミッドフィールダーか、それともウィングでプレーするかは僕にとっては重要じゃない。チームが何よりも大切なんだ」

一番好きなチームメイト「全員としっかり理解し合えている。僕たちファミリーみたいだ。お互いとても仲が良い。でも、特によく一緒にいるのは、当然だけどラテン系とスペイン人だ。アルトゥーロ・ビダルとかダグラス・コスタとかね。一番よく一緒にいるのはフアン・ベルナトかな」

ミュンヘン「この街は最高だよ。大好きだ! ここだと、常に何かしらエンターテイメントがある。冬とか夏とかオクトーバーフェストとか関係なくね(笑)。サッカー選手にとっては完璧な街だよ。スペイン人としては、最初の年は天候に慣れる必要があった。でも、ここ3年は大分マシだったよ。たぶん、僕が良い天気を持ってきたんだね。だから感謝してくれ(笑)」

若い世代へアドバイス「僕はアドバイザーとして適切か分からないけど、何か言うとしたら、『この仕事を楽しめ!』かな。サッカーは没頭することが求められる。しかも、毎日ハードワークしなければならない。でも、その『毎日』が大切なんだ。それが鍵だよ」

目標「バイエルンでプレーしていると、常にトップにいることが求められる。ここ何年かは、チャンピオンズリーグで決勝進出を果たせずにとても悔しい思いをした。だが、今年はそれを達成するチャンスが残っている。またサポーターを喜ばせたい。チームは好調だし、良いトレーニングをしている。とは言え、簡単なことではない。アーセナル戦も厳しい試合になるだろう。だが、タイトルを目指すのであれば、どのチームが相手であれ勝利しなければならない」

News