presented by
Menu
ドーハでの1日

ドーハ合宿 - 1月9日(月)

 FCバイエルンはドーハでの9日間、トレーニング、物理療法、ミーティング、メディアとスポンサーイベントなどを行う。チームはドーハ合宿でシーズン後半戦の成功を掴むための基盤を作る。fcbayern.comは毎日、ドーハ合宿の詳細をまとめて紹介する。

合宿7日目 - 1月9日(月)

 今日のゴルファー:フィリップ・ラーム、トーマス・ミュラーがゴルフコースへ訪れた。他の選手は朝に近くのモールに向かった。多くの選手が睡眠をとったり、リラックスをしていた。フランク・リベリーが、「僕はあまり多く練習していないけど、僕の体には休みが必要だ」とコメントした。

 今日の朝寝坊:特にマッツ・フンメルスが月曜日の朝を楽しんでいた。「とても長い、長い時間寝ていた。ここ数日あまり寝つきが悪かったんだ。でも、今日は快眠だった」と、話したフンメルスは夜の練習に臨んだ。

 今日の風邪:「多分、聞いてわかると思うけど、僕は少し風邪を引いている」と、ダヴィド・アラバが今日の記者会見冒頭で述べた。彼の声は掠れていた。それでもアラバは、「でも、元気だよ」と話した。

 今日のゲーム:月曜日の朝、休みを与えられたバイエルン選手たちだが、練習グラウンドにはスタッフたちが試合を行っていた。物理療法士バーンド・ショッサーとシュテファン・ヴァイカート率いるチームが、チームマネージャーのカタレーン・クリュガーと内科専門医Drロランド・シュミット率いるチームに6-4の僅差で勝利した。

今日のツイート:

 

今日の一枚:

News