presented by
Menu
プレスリリース

ヘアマン・ゲルラントがポール・クレメントからFCバイエルン第1アシスタントコーチを引き継ぐ

 ヘアマン・ゲルラントがポール・クレメントからFCバイエルン第1アシスタントコーチを引き継ぐことが決定した。バイエルン監督カルロ・アンチェロッティとFCバイエルン・ミュンヘン幹部が共に決断を下した。

 FCバイエルン・ミュンヘンの第1アシスタントコーチを務めていたポール・クレメント(44歳)は、イングランド・プレミアリーグに所属しているスウォンジーシティーAFCで指揮を執る意思を表明した後、バイエルンからチームを去る許可を得ていた。

 FCバイエルン株式会社代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは、「ポールはバイエルンにとってプロフェッショナル、忠実、有能なアシスタントコーチだった。我々は彼の道を邪魔するのではなく、プレミアリーグで監督になるチャンスを彼に与えたかった。彼の成功を祈っているよ」とコメントした。

 ヘアマン・ゲルラントは2001年から2009年の間、バイエルンのセカンドチームを指導し、2009年4月にバイエルントップチームのアシスタントコーチへと昇進した。ヘアマンは既にアンチェロッティ体制前のバイエルン前監督ルイス・ファン・ハール、ユップ・ハインケス、ジョゼップ・グアルディオラのアシスタントコーチも務めていた。

News