presented by
Menu
ドーハでの1日

ドーハ合宿 - 1月8日(日)

 FCバイエルンはドーハでの9日間、トレーニング、物理療法、ミーティング、メディアとスポンサーイベントなどを行う。チームはドーハ合宿でシーズン後半戦の成功を掴むための基盤を作る。fcbayern.comは毎日、ドーハ合宿の詳細をまとめて紹介する。

合宿6日目 - 1月8日(日)

 今日のリターン:怪我で8週間離脱していたキングスレイ・コマンが今朝のチーム練習に参加した。コマンは今朝のトレーニングでランニングとチームメイトとのパス練習を行った。その40分後、砂場での強度の高いスプリント練習を含む、自身のリハビリメニューに取り組んだ。

 今日の数字:ここまでのドーハ合宿5日間で厳しい練習を9回行った。日曜日の練習後にカルロ・アンチェロッティ監督が選手たちに半日のオフを与えた。次の練習は明日の午後から始まる。 

 今日の野心:2人の33歳のバイエルン選手が語った。まずはフランク・リベリーが、「僕は33歳だ。今まですべてに勝利してきた。だが、まだ勝利には貪欲だ」と強調した。チャンピオンズリーグを見据えている同じく33歳のフィリップ・ラームは、「その場に立ち、トロフィーを掲げる瞬間を肌で感じているなら、またもう一度経験したいと思うはずだ」と語った。

今日のクリップ:

 

今日のイメージ:

News