presented by
Menu
バイエルン選手の好きTV番組

マルティネス、何を観るの?

 「激しいトレーニング後にリラックスしている時間が何よりも最高だよ」と、TV番組を観ながらくつろぐことが好きなハヴィ・マルティネスが述べた。マルティネスがfcbayern.comに現在、特に夢中になっているTV番組を話してくれた。

ハヴィ・マルティネスのTVシリーズトップ3

第1位:Narcos

 ナルコスはコロンビア政府とパブロ・エスコバル率いる麻薬集団の戦いを描い番組である。エージェントのスティーブ・マーフィーの視点から物語は進んでいく。スティーブは卑劣な麻薬ビジネスを止めること、その麻薬集団のボスであるエスコバルを逮捕することを狙っている。何よりもまず、この物語は実話である。

 「ナルコスの物語が大好きだから、僕はこのドラマが気に入っている。さらにこれは実話に基づいたストーリーだからね」と、マルティネスが説明した。このドラマには多くのシーンでスペイン語が使われている。だから、吹き替えより字幕の方がマルティンスにとっては良い。ちなみに、マルティネスは子供の頃に両親と共にコロンビアを訪れたことがある。

第2位:Designated Survivor

 ある日、24シリーズの主役を務めたキーファー・スーザーランド演じる優秀な連邦捜査員が予想外のかたちで新しいアメリカ大統領になるという物語である。スーザーランド演じる政府内でランクが低いアメリカ合衆国住宅都市開発長官はキャビネット内で行った爆発事件の唯一の生存者だった。そして突然、彼がアメリカの運命を握ることになる。

 「僕にとってはサプライズなヒットだった。今まで一度も聞いたことがなかったからね。そのシリーズを観始め瞬間に僕の心は掴まれたよ。観るのを止めることができない」と、笑いながら話したマルティネスは10時間以内に最初の10エピソードを観た。不思議なことにマルティネスは今までジャック・バウアーで世界的有名なスーザーランドを見たことがなかった。だが、すぐに彼のことを知るだろう。なぜなら2人とも危険を防ぐ人物なのだから...

第3位:Sin Identidad

 マルティネスはクリスマスのオフ期間にスペインのTV番組も観ていた。Sin Identidad(アイデンティティーなし)の物語はマリア・フエンテスの周りで起きる出来事を中心に進んでいく。この主人公はマドリッド出身の成功した弁護士である。そして、彼女は不可解な状況の中で養子となったことを発見する。ITのエキスパートと共に彼女の過去について調べ始める。そして、話が進みにつれて彼女に身に大きな危険が迫る。

 「アメリカのTV番組も好きだけど、スペインの番組も楽しく観てるよ」と、特にSin Identidadを楽しんでいるマルティネスがコメントした。「僕はあのシリーズが大好きだし、2週間に最後のエピソードを観たんだ。ドラマシリーズ全体のエピソードの数は、23話。2シーズンに分かれている。このドラマはスペインのみ放送された。多分、マルティンスにとってスペイン語の知識をリフレッシュする良い機会だったかもしれない。