presented by
Menu
インサイド

ノイアーが100度目のクリーンシート達成

 マヌエル・ノイアーにとって記念試合になった! FCバイエルンのゴールキーパーである同選手は、8-0(3-0)で勝利したハンブルガーSV戦で、バイエルンの選手としてブンデスリーガで100度目のクリーンシートを達成した。ノイアーの前にこの記録を達成したのは、オリヴァー・カーンとゼップ・マイヤーだけだ。しかし両氏は、バイエルンの選手として183試合で100度クリーンシートを達成したノイアーよりも明らかに多くの試合を必要とした。このノイアーの記録は同時にブンデスリーガ新記録でもある。これほど早くクリーンシート100試合を達成したゴールキーパーは、他にいないのだ。

ロッベンがピサロに追いつく

 この試合は、もう1人の選手にとっても記念となった。ハンブルガーSV戦のバイエルン8ゴール目となったゴールは、その得点者のアリエン・ロッベンにとってただのゴールではなかった。それというのも、このゴールはロッベンにとって、FCバイエルンの選手として公式戦で決めた125ゴール目だったのだ。このゴールによってオランダ人の同選手は、FCバイエルンの歴代ゴール記録でクラディオ・ピサロに並び、7位となった。バイエルンでこの2人より多くゴールを決めた外国人選手は、ジオバネ・エウベルただ1人だ(140ゴール)。

ノイアーが世界最優秀GKとして表彰される

 ホームで行われたハンブルガーSV戦の後、国際サッカー歴史統計連盟(IFFHSにより、ノイアーが2016年の世界最優秀GKとして表彰された。ドイツ代表キャプテンでもある30歳のノイアーが同賞に輝くのは、2013年、2014年、2015年に続き4回目となる。おめでとう、マヌ!

News