presented by
Menu
ハンブルク戦後のコメント

「完璧な日、完璧な試合」

 ハンブルガーSV戦で8-0の大勝利を収めたFCバイエルンは、ブンデスリーガでトップの座を確実なものとし、その上、水曜日晩に行われるDFBポカールのFCシャルケ04戦の前哨戦としても良い結果を得ることとなった。更にバイエルンのチームは、カルロ・アンチェロッティの監督1000試合目を見事な勝利で飾ることができた。アンチェロッティは「これほど素晴らしい試合になるとは思っていなかった、我々は大変よくやった。とても幸せだし、次の試合にも今日と同じ姿勢、同じ精神で臨むことを願っている」と語った。

コメント一覧

カルロ・アンチェロッティ:「完璧な日、完璧な試合だった。我々は良い姿勢で良いプレーを見せた。試合前、私の記念試合で良いゲームをするようにと選手たちに話した。だがこれほど素晴らしい試合になるとは思っていなかった、我々は大変よくやった。とても幸せだし、次の試合にも今日と同じ姿勢、同じ精神で臨むことを願っている」

トーマス・ミュラー:「とても楽しめた。いつの時点からか、流れるように全てが上手くいった。良い天気の日に素晴らしい雰囲気のスタジアムで8-0で勝利できたなら、クラブもチームも、そしてファンも、大満足で家に帰れるね」

マルクス・ギスドル(ハンブルガーSV監督):「今日の結果は痛い、だが当然の痛みだ。この明らかな敗北を消化し、処理しなければならない。我々は今日、1分たりとも好敵手たるパフォーマンスを見せることができなかった。今日のバイエルンはとても良く、我々は良くなかった。我々は畏れを持ちすぎ、対戦相手にそこを上手く突かれた」

レネ・アドラー(ハンブルガーSVゴールキーパー):「最初からずっと試合の流れが掴めず、前半は対人戦でほとんど全く勝てなかった。バイエルンに踊らされた。この敗北の様子はただ痛いだけでなく、耐え難いものだ」

News