presented by
Menu
試合後のコメント

「選手たちは素晴らしい姿勢を見せてくれた」

 なんという結末。試合終了直前に2ゴールを奪ったFCバイエルンが、アウェイでのインゴルシュタット戦に勝利した。試合終了後、バイエルン選手は喜びの表情を見せていた。バイエルンが勝利を手にしたことを喜んだカルロ・アンチェロッティ監督は、「難しい試合で勝利を収め、貴重な勝点3を獲得した」とコメントした。一方でアリエン・ロッベンは敗北を喫したホームチームの強さを実感した。

試合後のコメント

カルロ・アンチェロッティ「難しい試合で勝利を収め、貴重な勝点3を獲得した。我々は後半、多くの攻撃を仕掛けなればいけなかった。そして、試合終了直前にゴールを奪うことが出来た。FCインゴルシュタットの守備は非常に良かったが、我々が勝利を収めた。選手たちは素晴らしい姿勢を見せてくれたと思っている」

フィリップ・ラーム「見れば分かるが、今日の試合では僕らのパスが繋がらず、本当に、本当に難しい試合だった。僕たちはこの試合で多くの競り合いがあることを分かっていた。インゴルシュタットはロングボールで多用していたから、セカンドボールを奪うことが大事だった。前半、レヴァンドフスキが先制点を決めるチャンスがあったし、後半にはトーマスにもチャンスがあった。試合終了間際のゴールは、運も必要なんだよ」

アリエン・ロッベン「僕はインゴルシュタット監督に大きな賛辞の言葉を贈ったよ。彼らは本当に良く戦っていた。試合終了直前の失点は、誰にとっても常に辛いことだ」

マイク・ヴァルプルギス(FCインゴルシュタット監督)「我々にとっては辛い敗戦だ。チームは非常に良く戦っていた。我々は相手ゴールチャンスを防ぐことが出来たが、オフェンスの部分で多くのミスを犯してしまった。我々の情熱的なプレーは、勝点1に値したと思う。だから、この敗戦はとても辛い。だが、我々はこの敗戦を受け入れる必要があるし、来週の試合でもう一度、勝点を獲得しなければいけない」

マルヴィン・マティプ(FCインゴルシュタット主将)「バイエルン相手に約90分間、失点しなかったことをポジティブにとらえらるよ。僕たちは良いパフォーマンスを披露した。ボールをキープしている時、もう少し勇敢にプレーが出来たんじゃないかと思う。でも、この試合の良い部分を続けていきたいね。今日の試合、バイエルンは最後までプレッシャーをかけてきたけど、どのチームもそのクオリティーを持っているわけじゃない」

News