presented by
Menu
統計データ

ポカール優勝経験チーム同士のベスト8

 FCバイエルンは3 月1日(水)20時45分(日本時間3月2日(木)4時45分)にDFBポカール準々決勝シャルケ04戦に臨む。両チームはこの大会で優勝経験があり、FCバイエルンはDFBポカールで既に同大会243試合を戦い183勝を収め、シャルケは234試合で152勝している。両チームはDFBポカールで11回対戦し、既にバイエルンが7回勝利している。fcbayern.com がポカールでの試合のデータをまとめた。

準々決勝常連チーム

 ここ10年連続でFCバイエルンは常にDFBポカール準々決勝まで勝ち進んでいる。他に同じような記録を保持しているクラブは1つもない。バイエルンが最後にこのラウンドで敗れたのが8年前だが、明日のシャルケ戦に勝利しすると8年連続で準決勝に進出する(新記録)。一方シャルケは、2010-11シーズン以来、再び準々決勝に駒を進めた。

トロフィーコレクター

 FCバイエルンはこれまでに、18度DFBポカール優勝を達成した。この数字は同大会で最多数である。シャルケはウェルダー・ブレーメンの優勝6回に続く5回で、ポカール優勝チームリスト3位に位置している。決勝進出については、シャルケはブレーメンより2回多い(シャルケ12回、ブレーメン10回)。しかし、バイエルンはこの2チームよりさらに多くポカール決勝のピッチに立っている(21回)。

長く続く無敗記録

 FCバイエルンは、ブンデスリーガでシャルケ戦直近13試合全て負けていない。2011年の3月からバイエルンの10勝3分け、36得点6失点である。両チームの対戦は3週間前の2月4日、同様にアリアンツ・アレーナで行われ、1-1の引き分けに終わっていた。

ジーベルトが三回目の主審

 ダニエル・ジーベルトが水曜日、今シーズン既に3度目となるバイエルン戦の主審に任命された。この32歳ベルリン出身のレフリーは、ブンデスリーガ第6節のケルン戦(1-1)と第13節アウェイで行われたFSVマインツ05戦(3-1)で主審を務めた。ジーベルトの他に、ラッセ・コスロウスキとヤン・ザイデルが副審、ロベルト・クンプカが第4審判を務める。

News