presented by
Menu
カムバックが見えてきた

ボアテング「調子はとても良いよ」

 チームがチャンピオンズリーグのためにロンドンに遠征中、フィリップ・ラーム(累積警告)とジェローム・ボアテングはゼーベナー通りでトレーニングを行った。両選手は火曜日、それぞれ個別トレーニングを行った。クリスマスの数日前に右の大胸筋の腱の手術を受けたボアテングは、その他にFC Bayerun.tv liveのインタビューを受け、自身のリハビリについて語った。

 ドイツの年間最優秀サッカー選手であるボアテングは、「これほど長く負傷している間は、もちろん素晴らしい時期とは言えないよ」と話し始めた。ここ数週間のチームの成功を嬉しさと悲しみの混じった感情で見守っている同選手は、「調子がいいのは嬉しいさ。でももちろん、僕もピッチに立ってチームを助けたい」と心境を打ち明けた。

 しかし、ボアテングの苦難も終わりに近づいている。先週の金曜日から、身体接触のあるトレーニングへの参加が許されたのだ。更に監督カルロ・アンチェロッティも、今週土曜日にホームで行われるアイントラハト・フランクフルト戦で同選手をメンバーに入れることを考えている。ボアテングは、「調子はとても良いよ。次の試合でチームに入れることを願っている」と嬉しそうに語った。

News