presented by
Menu
インサイド

イタリア大使の訪問、各代表選手がミュンヘンに戻る

 イタリア大使であるピエトロ・ベナッシ(写真中央)はベルリンからミュンヘンを訪れ、木曜日にFCバイエルン監督カルロ・アンチェロッティ、取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲと面会した。彼らはゼーベナー通りの施設で昼食を共にし、主にサッカーに対する意見を交換していた。

代表選手がミュンヘンに戻る

 代表ウィークが終了し、各代表の試合を終えた大半のバイエルン選手たちがミュンヘンに戻った。そして、30日(木)朝に行われたゼーベナー通りのトレーニングに参加している。チリから長旅をしているアルトゥーロ・ビダルとハヴィ・マルティネスだけが練習を欠席。マルティネスは4月1日(土)のアウクスブルグ戦(日本時間22時30分キックオフ)での欠場が決定しているため、アンチェロッティは彼に休暇を与えている。アリエン・ロッベン、ダビド・アラバ、チアゴとその他の選手たちは高い意欲を見せながら、週末のバーヴァリア・ダービーに向けて準備を行った。

News