presented by
Menu
ブルガリアで敗北

W杯本大会出場が危ぶまれるロッベン

 アリエン・ロッベンとオランダ代表が来年に開催されるワールドカップに出場できるかは定かではない。土曜日の夜に行われたワールドカップ欧州予選5回戦で、オランダ代表は敵地のソフィアでブルガリア代表と対戦し、2-0で敗れた。これによりオランダはグループAで2連敗となり4位に順位を落とした。このグループはフランスが勝点13で首位を走り、スウェーデン(勝点10)とブルガリア(勝点9)が続いている。

 オランダ代表は昨年ユーロ出場を逃しており、オランダ国民の期待はFCバイエルンで素晴らしい状態を維持し、2010年ワールドカップでオランダ代表を準優勝に導いたアリエン・ロッベンに寄せられていた。しかし、ブルガリア代表のスパス・デレフが5分、20分に2ゴールを決める活躍で、ブルガリアに勝点3をもたらした。ロッベンはこの試合にフル出場した。

 レナト・サンチェスは、ポルトガル代表がハンガリー代表相手に3-0で完勝した試合に出場しなかった。57,817人のサポーターが駆けつけたリスボンでの試合で、ヨーロッパ王者のポルトガルはアンドレ・シウヴァ(32分)、クリスティアーノ・ロナウド(36、65分)のゴールで勝利を収めた。この勝利により、ポルトガル(勝点12)は勝点差3でグループBの首位スイスを追跡している。ハンガリーはプレーオフに回ることができる2位と勝点差5ポイントで3位についている。

News