presented by
Menu
グラードバッハ戦の数字とデータ

ミュラーの記念試合、アロンソとマルティネスに5枚目のイエローカード

 今シーズン19勝目、勝点差13ポイント、残りあと9試合 ― 1-0(0-0)で勝利したボルシア・メンヒェングラードバッハとのアウェイ戦で、注目すべき数字はこれだけではない。今節は他にも2つの累積警告、1つの記念試合、そして更なる枠直撃シュートが記録された。

アウグスブルク戦に2選手が欠場

 FCバイエルンは代表ウィーク後最初の試合で、シャビ・アロンソとハヴィ・マルティネスの起用を諦めなければならない。両選手はグラードバッハで5枚目のイエローカードを提示されたため、4月1日のアウグスブルク戦は出場停止となる。

ミュラーが記念試合で得点

 トーマス・ミュラーが、記念試合をゴールで飾ることになった。W杯チャンピオンの同選手は、ボルシアMGとのアウェイ戦でブンデスリーガ250試合出場(全てFCB選手として)を果たしたばかりでなく、リーグ93ゴール目を記録した。これによりミュラーは、FCBの歴代得点者リストでジオバネ・エウベルを抜いた。現在27歳のミュラーよりも多くBLゴールを挙げたバイエルン選手は、わずか4人しかいない。

またしても枠直撃シュート

 バイエルン選手の強烈なシュートが、またもやゴール枠に阻まれた。試合開始から43分、アリエン・ロッベンのシュートがクロスバーとポストの角に直撃したのだ。バイエルンの得点がゴールの枠に阻まれたのは、これで既に今季18回目。リーグ最多記録だ。

News