presented by
Menu
グラードバッハ戦後のコメント

アンチェロッティ「私のチームに大変満足している」

 FCバイエルンはボルシア・メンヒェングラードバッハ戦で力強いパフォーマンスを披露した。その試合後、カルロ・アンチェロッティは「私のチームのパフォーマンスに大変満足している」と選手たちを称え、トーマス・ミュラーは「僕たちはとてもテンポを上げてプレーした」とコメントした。FCBは第11節以降、ブンデスリーガで負けたことがなく、この1-0(0-0)のアウェイ戦勝利後にはリーグ2位のRBライプツィヒとの勝点差も13ポイントに広がった。得点者のミュラーは、「この大きな勝点差はいいね」と喜んだ。

試合後のコメント

カルロ・アンチェロッティ:「前半は、本当にとても良かった。しかし最初の45分間でゴールを決めるチャンスを活かすことができなかった。しかし後半もゴールを狙い続け、その結果得点を挙げることができた。私のチームのパフォーマンスに大変満足している」

トーマス・ミュラー:「この大きな勝点差はいいね。もちろん僕たちは状況がわかっていて、何としてもこの試合に勝ちたかった。前半に僕たちがとてもテンポを上げてプレーしていたことは、見ている人たちにもわかっただろう。サッカーでは時々起こりえることだが、先週のフランクフルト戦では僕たちのプレーはあまり良くなかったのに2-0で前半を終え、今日は相手ゴールに向かって全力で攻撃していたにもかかわらず、0-0でハーフタイムになった。サッカーはこれほど変化に富んでいる、だから僕たちはサッカーを愛しているんだ。今日はゾマーもすごく良かったね。だが僕たちも、ゴール前のいくつかのシーンであまり良いプレーができなかった」

マヌエル・ノイアー:「僕たちは既に前半に大きなチャンスを作ったが、ゾマーが素晴らしいセーブをした。グラードバッハは最後まで同点しようと全力で試みたが、僕たちの守備はとても安定していた」

ディーター・ヘッキング(ボルシアMG監督):「私の選手たちを称賛しなければならない。素晴らしいパフォーマンスだった。もちろん結果には失望している。1-0での敗北は、この努力があまり実を結ばなかったということだ。しかしチームの見せたモラルと精神は今日もまた素晴らしいものだった。今日、我々を唯一気落ちさせるものは試合結果だけだ」

ヤン・ゾマー(ボルシアMGキーパー):「敗北はいつも腹立たしいものだ、もちろん今日もね。後半は、もしかしたら1ゴール挙げられたかもしれない。今日はチームを非難すべき点などない」

 

News