presented by
Menu
代表選手が国際戦へ

バクーからサンティアゴまで ― FCB選手10人が代表戦に臨む

 現在のゼーベナー通りの様子は静かなものだ。それというのも、大半のバイエルン選手が各国代表に合流しているのだ。彼らはこれから、何試合かの親善試合と2018年開催のロシア・ワールドカップに向けた重要な勝点を巡る戦いに臨むことになる。fcbayern.comがバイエルン選手の試合日程をまとめた。

ポルディとの別れ、そしてバクーでの試合

 3月22日(水、20時45分、日本時間翌4時45分)、ドイツ代表は伝統の一戦といえるイングランドとの試合に臨む。しかしこれは単なる親善試合ではない。この試合は、元バイエルン選手のルーカス・ポドルスキにとって最後の代表戦となる。バイエルンからはマッツ・フンメルス、ヨスア・キミッヒ、トーマス・ミュラーがこの試合のために招集されている。マヌエル・ノイアーは直前に代表招集を辞退した。バイエルンの3選手を擁するドイツ代表は26日(日、18時、日本時間翌1時)、W杯予選でアゼルバイジャンと対戦する。ドイツ代表はこの試合も無失点に抑え、更にW杯予選5戦5勝を目指すつもりだ。

グループトップを維持したいスペイン

 ハヴィ・マルティネスとチアゴは、3月24日(金、20時45分、日本時間翌4時45分)にロシアに向かって大きな一歩を踏み出せるかもしれない。スペイン代表はこの日ヒホンで、勝点差1でスペインに迫るイスラエルと対戦する。勝点10でグループ首位に立つスペインは、もちろんW杯本大会出場が確定する1位の座を明け渡すつもりはない。FCBのスペインコンビには、この代表ウィーク中に更にフランスとの親善試合(3月28日、21時、日本時間翌4時)も予定されている。

望みを繋ぎたいアラバ、2位の座を守りたいサンチェス

 ダヴィド・アラバにとって重要となるのは、モルドバとの試合(3月24日、20時45分、日本時間翌4時45分)でグループ上位のチームとの差を広げないことだ。現在オーストリアは勝点4で4位についており、リーグ首位との勝点差は6ポイント、プレーオフ進出権を得られる2位との勝点差は4ポイントだ。アラバ擁するオーストリアは、その他に3月28日にフィンランドとテストマッチを行う。同日にスウェーデンとテストマッチ(20時45分、日本時間翌3時45分)を行うのは、レナト・サンチェス擁するポルトガルだ。ユーロ優勝者ポルトガルはその3日前、つまり25日(20時45分、日本時間翌4時45分)に手強い相手とW 杯予選を戦う。その相手とは、ポルトガルと勝点差2で3位についているハンガリーだ。

レヴァンドフスキとロッベン、ライバルと直接対決

 このW杯欧州予選で最も優れたゴールゲッターであるロベルト・レヴァンドフスキも、もちろん母国のために代表戦に臨む。レヴァンドフスキは3月26日、ポーランドとわずか勝点差3でグループEの2位であるモンテネグロと対戦する。反対に、グループAのトップに君臨するフランスとの勝点差3を縮めようとするのはアリエン・ロッベン擁するオランダだ。オランダは3月25日(20時45分、日本時間翌4時45分)、勝点差1で3位にあるブルガリア相手になんとしても勝点を獲得し、順位を下げる危険を回避しなくてはならない。オランダはその後、3月28日(20時45分、日本時間翌3時45分)にイタリアとの親善試合に臨む。

決定的な試合に臨むビダル

 アルトゥーロ・ビダルはこの代表ウィーク中に、ロシアに向けて決定的な一歩を踏み出す可能性がある。ビダル擁するチリはまず3月24日にアウェイでアルゼンチン(日本時間8時30分)と、そして29日にホームでベネズエラ(日本時間7時)とW杯予選を戦う。特にメッシ擁するアルゼンチン戦での勝利は大きな意味を持つ。現在チリは南米予選で4位(W杯本大会出場圏、5位はプレーオフ)で、5位アルゼンチンとの勝点差はわずか1ポイントだ。

News