presented by
Menu
アーセナル戦に関する数字

バイエルン、クラブ新記録を樹立

 火曜日夜にロンドンで行われたチャンピオンズリーグのアーセナル戦(5-1)でも、いくつかの興味深い数字を集めることができた。fcbayern.comがそれらの数字をまとめて紹介しよう。

CLアーセナル戦に関する数字

2-ビダルは、FCバイエルンで初めて1試合2得点を記録した。

3-バイエルンは直近3試合のアーセナル戦全てに5-1で勝利している!

6-FCバイエルンは6シーズン連続で準々決勝進出を果たしたことになるが、これはクラブ新記録だ! 合計するとバイエルンは、これまでに16回準々決勝に進んでいるが、これほど多くベスト8入りしたクラブはFCBのほかにない。

7-バイエルンがCL決勝トーナメントの1試合で5ゴール以上挙げたのは、これが7回目だ。これは大会史上最も多い。2位のバルサは、これまでに4試合で5ゴール以上決めている。

11-カルロ・アンチェロッティがチャンピオンズリーグ準々決勝を戦うのはこれが11回目となる。これより多く同ラウンドを経験しているのは、サー・アレックス・ファーガソン(12回)ただ1人だ。

18―バイエルンは現在、公式戦18試合連続でゴールを決めている。そのうち1得点に止まったのは、わずか5試合のみだ(18試合で計46ゴール、平均すると1試合2.6ゴール)。

22-レヴァンドフスキはバイエルン選手として、CLでジオバネ・エウベルに並ぶ22得点目を記録した。同大会でバイエルン選手としてこれより多くゴールを挙げているのは、マリオ・ゴメスとアリエン・ロッベン(両者とも23得点)、そしてトーマス・ミュラー(39得点)だけだ。

24-今季のCLで24ゴール挙げているバイエルンは、同大会で今シーズン最も得点力のあるチームだ。

32-ロベルト・レヴァンドフスキはFCバイエルンでヨーロッパのカップ戦32試合出場(22得点)し、ロイ・マカーイの記録に並んだ。マカーイは同出場数で17得点記録している。

55-シャビ・アロンソはロンドンで、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント55試合出場を果たした(リオネル・メッシと同数)。これより多く出場しているのは、クリスティアーノ・ロナウド(63試合)、アンドレス・イニエスタ(57試合)、そしてシャビとイケル・カシージャス(両者とも56試合)の4人だけだ。

70-マヌエル・ノイアーはFCバイエルン選手としてヨーロッパのカップ戦で70試合出場を果たし、代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲの記録に並んだ。

100-フランク・リベリーはヨーロッパのカップ戦100試合目出場を果たした。その内の84試合はバイエルン選手として出場したものだ。これによりリベリーは、ベルンド・デュルンベルガー(83試合)の記録を抜き、FCBのヨーロッパカップ戦出場記録の歴代リストで8位となっている。

126-アリエン・ロッベンはFCバイエルン選手として公式戦126ゴール目を決め、クラウディオ・ピサーロを抜いてFCB外国人選手の得点ランキング歴代2位となった。1位はジオバネ・エウベル(140ゴール)だ。

News