???header.presentedBy???
???header.menu.label???
トレーニングへ復帰

レヴァンドフスキ「調子はいいよ」

 3歩の助走から、シュート。ボールがゴールネット左下を揺らす。それを見届けたカルロ・アンチェロッティは、満足気にゴールへ背を向けた。FCバイエルン監督の蹴ったペナルティーキックを前に、ゴールを守るトム・シュタルケにはなす術がなかった。だがアンチェロッティ監督を16日(日)に喜ばせたのは、このゴールだけではない。

 なぜならロベルト・レヴァンドフスキが、雨の降る中1時間弱の野外トレーニングを終えたのだ。肩に打撲を負ってから1週間が経ち、ポーランド人選手はようやくチームメイトと共にトレーニングへ参加することとなった。ロンドになっての練習やパス、シュート練習を問題なく行い、レヴァンドフスキはFC Bayern.tvに「調子はいいよ。今日トレーニングに参加することができて、満足している。全ては順調だよ」とトレーニング終了後語った。(レヴァンドフスキの詳細に関してはFC Bayern.tv News で視聴可能)。

 合計9人の選手(内3名ユースチーム所属)が屋外トレーニングに参加した。このトレーニングに先立ってマッツ・フンメルス(足首の怪我)とジェローム・ボアテング(内転筋の怪我)がすでに走り込みの個人メニューを消化している。残りの選手たちはレヴァークーゼンでのリーグ戦から一夜明け、2日後に行われるマドリードでのチャンピオンズリーグ2ndレグへ備え、パフォーマンスセンターで疲労回復のための措置を受けた。

 

???article.detail.related-content.headline???