presented by
Menu
ノイアーがトレーニングに復帰

ミュラー「期待は大きい」

 カウントダウンが始まった。FCバイエルンは数日後にチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグ、レアル・マドリード戦を控えている。それにちょうど良いタイミングで、監督カルロ・アンチェロッティは月曜日の朝のトレーニングに一人の選手の復帰を歓迎することができた。先々週、足の手術をしたマヌエル・ノイアーが再び仲間たちと練習場に立ったのだ。これにより、同GKがスペイン王者との試合に出場する可能性は大きくなった。

 これによりこの日の練習に参加しなかったのは、昨日のトレーニングで怪我をしたマッツ・フンメルスと、ドルトムント戦で肩を打撲したロベルト・レヴァンドフスキのみとなった。後者はトレーニングセンターで個人メニューを消化した。また、ハヴィ・マルティネスとダヴィド・アラバは砂場でのトレーニングを行った。

ミュラーに良いサイン

 輝く太陽の下で、アンチェロッティはレアル・マドリード戦に向けた準備のために、様々なフォーメーション練習やシュート練習など、ボールを多く用いたメニューを用意していた。トーマス・ミュラーは練習後、FCBayern.tv liveにて「僕たちは良い準備をしている」と述べた。

 上記の選手と同様に、先週はトレーニングを早めに終わらせなければならなかったミュラーは、現在やる気に溢れている。同選手は「本当に普通にチームと一緒にトレーニングをこなした。これは良いサインだ。僕たちは自信満々さ。この試合はヨーロッパにおけるトップチーム同士のビックマッチだ。もちろん期待は大きい。周囲を見ても気付く、メディアだけでなくミュンヘンの友達や知り合いに会った時もだ。みんなこの試合について話しているんだ」と生き生きと語った。

News