presented by
Menu
プレスリリース

FCBが買取オプションを行使:コマンと2020年までの契約を結ぶ

 FCバイエルン・ミュンヘンは29日(土)にアウェイで行われるヴォルフスブルク戦を前に重要な契約を行った。ブンデスリーガで順位表1位を走るバイエルンはレンタル移籍中であるキングスレイ・コマンをユベントスFCとの4月末までの買取オプションを期限通りに行使し、完全移籍で獲得した。2015年にユベントスFCからFCバイエルンにレンタル移籍した20歳のフランス代表選手は来シーズン以降もミュンヘンに残ることとなった。コマンの新しい契約は2020年6月30日までである。

 FCバイエルン・ミュンヘン代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは「キングスレイ・コマンはチームの将来のために重要な構成要素だ。だから我々は買取オプションを行使することを決めた。彼は大きなポテンシャルを持った将来有望な選手である。我々は彼が今後数年間チームを助けてくれると確信している」と述べた。

News