presented by
Menu
アウグスブルク戦後のコメント

アンチェロッティ「とても良い試合をした」

 圧倒的でまったく危なげなく6-0で勝利したFCアウグスブルク戦と共に、FCバイエルンは今シーズンで最も重要な数週間をスタートさせた。それに伴い、試合後のバイエルンの雰囲気は明るいものだ。監督カルロ・アンチェロッティも「我々は最初から最後までとても良い試合をした」と、チームのパフォーマンスに大満足を示し、ジェローム・ボアテングも「チームの雰囲気は良いよ、僕たちの調子は良く、精神的にも良い状態にある」と打ち明けた。

試合後のコメント一覧:

カルロ・アンチェロッティ:「代表ウィーク後は少し問題があったが、今日の情熱と我々の試合のクオリティーは良かった。最初から最後までとても良い試合をした」

ジェローム・ボアテング:「僕たちは良いプレーをした。パスワークも良かったし、素早くゴールも挙げられた。僕たちは後半、少しテンポを落とした。90分間プレーできて嬉しいし、今後の試合を楽しみにしている。チームの雰囲気は良いよ、僕たちの調子は良く、精神的にも良い状態にある。選手一人ひとりが全力を出さなければならない」

マヌエル・バウム(FCアウグスブルク監督):「試合の前にとてもたくさんのことを考えたし、我々にとって特別調子の良い日である必要があるとわかっていた。前半はそれほど悪くなかったし、1対1で良い対応をしたが、前線では貫徹力が足りなかった。後半は相手を阻止することができなかった。我々にとって苦い結果になった」

ポール・フェルハーフ(FCアウグスブルク主将):「このような敗北をすべきではない。後半は良くなかった。しっかりと守れず、相手に与えたスペースが多すぎた。それをバイエルンが見逃さないことは、見ての通りだ。前半の僕たちは良く対抗していた。バイエルンのボール保持率が高く、僕たちがたくさん走る必要があるとわかっていた。後半はバイエルンによってチームメイトとの距離を開かされてしまった」

News