presented by
Menu
ホッフェンハイム戦後のコメント

アンチェロッティ:「時には上手くいかない日もある」

 アウェイでホッフェンハイム相手に試合終了まで戦い続けたバイエルンだが、ボールがホームチームのゴールネットを揺らすことはなかった。21分にホッフェンハイムに先制点を奪われた後、ドイツマイスターのバイエルンは同点に追いつこうと試みたものの、その努力は報われなかった。試合後、カルロ・アンチェロッティは「前半の我々は良くなかった」と、ホッフェンハイムがより積極的な動きを見せていた試合の立ち上がりについて反省すると、「後半は改善できた。しかし時には上手くいかない日もある」と締めくくった。

試合後のコメント:

カルロ・アンチェロッティ:「ホッフェンハイムを祝福する。我々はTSGのプレーに少し驚かされ、あまり良い守備ができていなかった。ホッフェンハイムは大変集中的なプレーをした。前半の我々は良くなかった。後半は改善し、よりアグレッシブにプレーした。同点ゴールを挙げるチャンスはあった。しかし時には上手くいかない日もある。サッカーとはそういうものだ」

アリエン・ロッベン:「残念だよ。こんなことは起こるべきではない。前半は無駄だった。僕たちの立ち位置は良くなかったし、いつも一歩出遅れていた。そうなると難しくなる。後半は大分良くなった、そうでなければいけなかった。僕たちは優位に立ち、チャンスもあった。でも今日は、ボールが入ってくれなかった」

ユリアン・ナーゲルスマン(1899ホッフェンハイム監督):「バイエルン戦での勝利は、全般的にとても良い響きがする。我々はこれを、クラブとして大変長い間待ち望んでいた。良いゲームができた。我々のプランを完璧に実現できた。我々は勇敢で、前半は本当に良いサッカーをした。我々のチャンスは全く不当とは言えないものだ。試合の流れについては、特に後半はハンドボールのようになってしまい、間延びしてしまった。だがそうなることは予測できていた」

News