presented by
Menu
シーズン最終節

ボアテングが筋肉を負傷

 シーズン終了と5年連続のリーグ優勝を仲間と共に祝うため、ジェローム・ボアテングは遅い時間にミュンヘンのポストパラストに到着した。その前に行われたアリアンツ・アレーナとミュンヘン市庁舎のバルコニーでの祝祭には、28歳のセンターバックの姿はなかった。4-1で勝利したSCフライブルク戦で、ボアテングは試合序盤に負傷し、試合開始からわずか11分後に交代を余儀なくされた。

 チームメイトと共に優勝皿を受け取る代わりに、ワールドカップ優勝者のボアテングはMRI検査を受けていた。その結果、同選手は右もも裏の筋肉を負傷していることが判明した。しかしボアテングは来季のプレシーズンの始めには回復し、再びコンディションを取り戻しているだろう。

News