presented by
Menu
懐かしい名場面

クラシックなロッベン

 クラシックなロッベン。彼が素晴らしい動きを見せたときに、我々が頻繁に使う表現である。敵陣右サイドからドリブルで中央へ切り込み、左足でカーブをかけたシュートをゴール左サイドに突き刺す。さらに同じくマイスターシャーレを掲げることが彼のトレードマークであり、このウィンガーはそれを数多く経験している。

 8年前からロッベンはFCバイエルンでプレーしている。そしてすでに先週末、彼は自身6度目のブンデスリーガ優勝を祝った。特に今季の優勝は特別である。なぜなら、オランダでは彼の記録が伝説となったからだ。「現在、僕がオランダサッカー史上最も成功した選手であるヨハン・クライフと並んだことをさっき読んだよ。彼は10度のリーグタイトルを獲得していて、僕も先週末に10個目のリーグ優勝を飾った。クライフと同じ位置に立てたことは悪くないね」と、誇りを持ってオランダ代表キャプテンが話した。

 ロッベンが2009年にミュンヘンに来る以前、彼はすでにFCチェルシーで2度、レアル・マドリードとPSVアイントホーフェンで1度ずつリーグ優勝を経験している。ロッベンが最初にドイツリーグ優勝を飾ったのは、バイエルンに加入したシーズンであり、上の写真の様にマリエンプラッツでリーグ制覇を祝い、2013年からロッベンにとって毎年の恒例行事となっていた。彼はこの祝勝イベントに変わった帽子(だいたいが白色、赤色かオレンジ色のサッカーボールのデザイン)とサングラスを常に身に着ける。今年、“ミスター・ウェンブリー“がどんなスタイリッシュなアクセサリーを選ぶかファンは楽しみにしている。

 fcbayern.com懐かしい名場面シリーズは過去の出来事や写真を定期的に紹介します。これからも特別なスナップ写真を楽しみにして下さい

News