presented by
Menu
アリアンツ・アレーナ

ラーム、アロンソ、その他の人々との感動的な別れ

 5月20日(土)の午後のアリアンツ・アレーナを見ると、これが特別なシーズンフィナーレであることは誰の目にも明らかだった。芝の上を走っているバイエルン選手と同じく、会場内は赤と白で埋め尽くされ、南スタンドには「ミュンヘンで生まれ育った子供からFCバイエルンのレジェンドへ」という大きな文字があった。更にバイエルン主将の肖像が描かれた巨大なプラカードが白と青の空にそびえ立っていた。75,000人の観客が、フィリップ・ラームを含む今シーズンでバイエルンを離れる5名との別れを惜しんでいた。

 今季最終節のSCフライブルク戦前、優勝皿が掲げられる前に、既にアリアンツ・アレーナは感動的な雰囲気に包まれていた。フィリップ・ラーム、シャビ・アロンソ、トム・シュタルケが現役を引退し、ヘルマン・ゲルラントとDr.アンドレアス・シュルンベルガー(リハビリ&負傷予防部門責任者)がバイエルンを離れる。この5人が公にファンに別れを告げたのだ。

花束と贈り物

 今日でバイエルンを離れる5名は試合開始前にFCB会長ウリ・へーネスと代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲから花束、FCBキッズクラブからパーソナルギフトとお祝いの肖像画が贈呈された。小さな息子ユリアンと手を繋いで登場したフィリップ・ラームはゴルフクラブ一式、シャビ・アロンソはクラシックカー・ツアー、シュタルケはバイク・ツアーを受け取り喜んでいた。また、今日の試合で審判職を辞すDr.ヨッヒェン・ドレースにも、キックオフ前に花束が贈られた。

 この試合前のセレモニーはマーチングバンドや祝砲でにぎやかに行われ、これまでに獲得したドイツリーグタイトルの象徴としてフランツ・ベッケンバウアー、ポール・ブライトナー、ローター・マテウス、オリヴァー・カーンら26名のFCBレジェンドも登場した。

Breathtaking. 😲 #FCBSCF #DankePhilipp #GraciasXabi #DankeTom #DankeTiger

Ein Beitrag geteilt von FC Bayern Official (@fcbayern) am

News