presented by
Menu
インサイド

晴天とトレーニングがファンを呼び込む

 多くの出来事がゼーベナー通りで起こった。水曜日の昼、眩しい日差しと公開練習が数え切れないほどのFCバイエルンファンをグラウンドへ呼び込んだ。ファンは今シーズン僅かとなった公開練習の機会を利用し、フィッリプ・ラーム、シャビ・アロンソ、その他のバイエルン選手たちのトレーニングを見学。練習終了後、ファンたちは選手との写真撮影やサインを貰っていた。しかしファンは長期負傷離脱中のマヌエル・ノイアー、スヴェン・ウルライヒ、ハヴィ・マルティネス、同じく個人トレーニングを行ったマッツ・フンメルス、ロベルト・レヴァンドフスキ、アリエン・ロッベン、キングスレイ・コマンを目にする機会を諦める必要があった。

FCバイエルンサッカースクール青島(チンタオ)で2回目のオフィシャルコーチ養成

 月曜日、FCバイエルンサッカースクール青島(チンタオ)で2回目のオフィシャルコーチ養成がスタートした。FCバイエルンのコーチは青島で5月19日までに合計120人のスクールコーチに現場での職業訓練を施す。参加者は3日間にわたる訓練で理論と同様に実践的な授業も受ける。今年の2月に既に最初のオフィシャルコーチ養成が青島で行われ、今後数年間、FCバイエルンのコーチは訓練とワークショップを行うために定期的に青島を訪れる予定だ。地元の教師とコーチのトレーニングとさらなる指導能力改善がFCバイエルンと青島にあるシノ・ジャーマン・エコパーク間のパートナーシップの中心要素である。

News