presented by
Menu
インサイド

スヴェン・ウルライヒが一足早く今シーズンを終える

 FCバイエルンは今シーズンのラストスパートでGKスヴェン・ウルライヒの起用を諦めなければならない。同28歳のGKはSVダルムシュタット98とのリーグ戦ホームゲーム前日の最終調整で右肘靱帯の怪我を負った。そのため夏季休暇前の最後の3試合を欠場する。バイエルンの絶対的守護神のマヌエル・ノイアーも中足骨骨折により欠場を余儀なくされ、トム・シュタルケがダルムシュタット戦の先発メンバーとなった。FCバイエルンアマチュアチームから引き上げられたレオ・ヴァインカウフがベンチ入りを果たしている。

News