presented by
Menu
フィリップ・ラーム引退に寄せられたコメント

「ドイツのサッカーに彼がいなくなり、寂しくなる」

 土曜日の現地時間17時15分に最終節FCバイエルン対SCフライブルク戦の終了を告げる笛が鳴る時、ドイツマイスターのある一時代も終わる。VfBシュトゥットガルトに期限付移籍していた2年間の中断期間があったものの、22年間FCBのユニフォームを身に纏ったフィリップ・ラームがこの日、選手人生を終えるのだ。現在33歳のラームはその間に数え切れないほどのタイトルと記録(詳細はこちら)を手にし、FCバイエルンとドイツ代表のキャプテンを務め、世界最高の右サイドバックの1人となった。

 しかし土曜日の試合後に、ラームはついにそのサッカーシューズを脱ぎ、現役サッカー選手としてのキャリアを終える。fcbayern.com が同選手の引退について寄せられたコメントをまとめて紹介する。

フィリップ・ラーム引退に寄せられたコメント一覧

「フィリップはファンタスティックなキャリアを築き上げた。そのポジションにおいて、彼は今でも世界で3本の指に入る。私が思うに、彼はきっとまだ2、3年は問題なくプレーすることができただろう。彼がいなくなるとさみしい。その上彼は私にとって重要な相談相手だった。我々はお互いに大きな信頼を抱いていた。彼は自身の考え方と意見を持った賢い人物で、それらを歪めることはなかった。いつか始まる第2の人生でも彼が成功することを、私は確信している」
(カール=ハインツ・ルンメニゲ、FCバイエルン代表取締役社長)

「フィリップがやめてしまうことを極めて残念に思う。彼が最低でもあと1年はプレーできると信じられる。なぜなら彼は卓越したパフォーマンスを出しているからだ。FCバイエルンは彼の不在をとてもさみしく思うだろう。フィリップは信じられないほど強い意志があり、常にプランと明確なイメージを持っていることで傑出していた。彼の人生そのものが模範的だ。だから彼はこんなに多くの成功を収めた」
(ウリ・ヘーネス、FCバイエルン会長)

「一緒に働いてきた選手が移籍したり引退するのはいつも悲しいものだ。バスティ・シュヴァインシュタイガーの時もそうだったし、今度のフィリップの場合もそうだ。彼はいつも素晴らしいトレーニングをしていたし、以前もスーパースターとなった今でも、一度も他の選手の悪口を言ったことなどない。若い選手たちに助言もするし、お手本となる選手だ。彼はまだまだ最高峰のレベルでプレーできただろう。彼は卓越している。この100年間のFCバイエルン・ベストイレブンに入るに違いない。偉大なレジェンドたちと共にね」
(ヘルマン・ゲルラント、FCバイエルン アシスタントコーチ)

「この数年間でフィリップがドイツサッカーのために成し遂げたことは、少なくとも1度は年間最優秀サッカー選手に選ばれるに相応しいものだった」
(マヌエル・ノイアー、FCバイエルンGK)

「フィリップ・ラームの引退でチームを去るのはキャプテンだけではない。常に高いレベルで安定したパフォーマンスを出し続けた主力選手も去ることになる。フィリップがいなくなり、皆がさみしく思うことだろう。彼はこの数年において大きな影響を与える人物であり、世界最高のDFの1人だった。彼はFCバイエルンでもドイツ代表でも主将を務めたが、これは本当に特別なことだ。そしてこれはフィリップのリーダーとしてのクオリティーを証明している。FCバイエルンの歴史において、彼はフランツ・ベッケンバウアーやゲルト・ミュラー、ゼップ・マイヤーら偉大な選手と同じように位置づけられる」
(オットマー・ヒッツフェルト、元バイエルン監督)

「フィリップは、私が今まで共に働いてきた中で最もインテリジェンスな選手だ。彼は常に良いプレーをする。真のキャプテン、絶対的なレジェンドだ。バイエルン・ミュンヘンが意味するものを理解するために、ピッチの上以外でも私を助けてくれた」
(ペップ・グアルディオラ、元バイエルン監督)

「ドイツの偉大なサッカー選手の1人がサッカーの大舞台を降りる。フィリップ、共に過ごした年月に感謝するよ。僕たちは一緒に大きな成功を祝ってきた。君の新しい人生がただ素晴らしいものになることと、君の家族の最高の幸せを願っている。僕たちが近々会えることを願っている。君がシカゴに来たい時は、いつでも心から歓迎するよ」
(バスティアン・シュヴァインシュタイガー、元バイエルン選手)

「フィリップは、まるで物語のようなキャリアを築いた。シュトゥットガルトで成長を遂げ、一人前の男になった。そしてミュンヘンに帰って来たら、すぐに重要な選手となった。彼は成長し続け、主将になり、FCバイエルンで500試合以上に出場した。このようなキャリアを築いたことにおめでとうと言いたい。やめてしまうのは残念だ」
(ハサン・サリハミジッチ、元バイエルン選手)

「フィリップに対して大きなリスペクトを抱いている。彼がFCバイエルンとドイツサッカーのためにしてきたことには、ただ『脱帽だ!』としか言えない。誰もが帽子を脱いで敬意を示すようなキャリアを彼は築いた」
(ジャン=マリー・プファフ、元バイエルンGK)

バイエルン関係者以外のフィリップ・ラームについてのコメント

「バイエルン州の首相として、私はフィリップ・ラームは典型的バイエルン人だと言わなければならない。高い業績を誇り、人情味があり、数多くの成功にもかかわらず謙虚だ。ドイツがこれまでに輩出してきた偉大なサッカー選手のうちの1人に数えられる。おめでとう、そして素晴らしい引退生活を!」
(ホルスト・ゼーホーファー、バイエルン州首相)

「フィリップは最高のサッカー選手の1人だ。それは彼がフリッツ・ヴァルターやフランツ・ベッケンバウアー、ローター・マテウスと並ぶW杯チャンピオンの主将だからというだけではない。彼はクラブでも代表でも、何年にもわたって世界レベルでプレーし続けた。彼と共に働き、サッカーについて議論することは、私にとって大きな喜びであると同時に私個人の為にもなった。フィリップはピッチ以外の多くのことにも興味を持っており、今後はそれらに取り組むことができるだろう。特に彼はこれから、家族のためにより多くの時間を割くことができる。彼の今後が素晴らしいものになることを祈る。そして彼がどんな形でもドイツサッカー界と関わり続けてくれることを願っている」
(ヨアヒム・レーヴ、ドイツ代表監督)

「フィリップと過ごした時間は忘れないだろう。彼は我々と最初から共に道を歩んできた選手のうちの1人だ。我々は常に自分自身と我々の目標を信じてきた。そしてリオで最後の一歩を終えた。フィリップはいつも頼りになり、協力的な関係とサポートに感謝している。私は、彼が今後ピッチ外の自身のプロジェクトを更に集中して進めることをとても楽しみにしていると知っている。彼がそうできることを私も嬉しく思う。特に今後彼が最も大事なプロジェクト、つまり彼の家族のためにより多くの時間を費やせることを喜ぶ」
(オリヴァー・ビアホフ、ドイツ代表マネージャー)

「試合中に60回アリエン・ロッベンをオーバーラップして、そのうちの2回しかボールをもらわなくても一言も文句を言わない。このことから、彼が大変偉大な人間性を秘め、その選手人生において常にチームのために全てを尽くしてきたことがわかるだろう」
(ユリアン・ナーゲルスマン、1899ホッフェンハイム監督)

「卓越したサッカー選手だ、ドイツのサッカーに彼がいなくなり、寂しくなる」
(トルステン・フリングス、SVダルムシュタット98監督)

「親愛なるフィリップ、君がやめてしまうことは本当にとても悲しいよ。君が明確な意見を持っていることをいつも素晴らしいと思っていた。君はバイエルン・ミュンヘンでも最も価値ある選手の1人として、クラブ史に残るだろう。君の一貫性は常に僕を感嘆させた。君はキャリアを通して常に世界クラス、時にはそれ以上のプレーを見せた」
(ティル・シュヴァイガー、俳優)

News