presented by
Menu
ニュース

今日のアヒル:ロナウドに関する噂

 FCバイエルンに関する報道は連日後を絶たず、あらゆるメディアを介し送信され、印刷され、ツイートされ、投稿されている。デジタル・メディアの技術によりニュースは僅かな時間で瞬く間に広まっていく。だが時にデマが飛び交うこともある。時に事実に即さない情報が報道されることもあるのだ。

 そのためファンに正しい情報を提供するためにも、今後折を見て「今日のアヒル」と称し誤ったニュースを取り上げていきたい(日編注:ドイツ語のアヒルには「誤報」の意味がある)。

 イタリアのガゼッタ・デッロ・スポルト紙はここ数日、FCバイエルンがレアルマドリード所属のクリスティアーノ・ロナウドの獲得に興味を示していると報じている。その結果多数のドイツメディアもこのニュースを大きく取り扱う結果となった。

 FCバイエルン代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲはこの報に関し「移籍期間中に選手の補強、また放出に関する憶測が飛び交うことにはもう慣れている。原則として我々はそのような憶測に関してコメントをすることはない。だがクリスティアーノ・ロナウドの件に関しては、その噂は根拠を欠きおとぎ話に過ぎないことを明言しておきたい」と述べている。

 

News