presented by
Menu
インサイド

レヴァンドフスキが最優秀フィールドプレーヤーに

 ロベルト・レヴァンドフスキに大きな栄誉! ブンデスリーガ1部でプレーする選手248人を対象にサッカー専門誌『Kicker』が行ったアンケートの結果、FCバイエルンのストライカーが今シーズンの最優秀フィールドプレーヤーに選ばれた。ポーランド代表でもあるレヴァンドフスキはアンケートに答えたプロ選手のうち25%の票を集め、ナビ・ケイタ(RBライプツィヒ、15.7%)とピエール=エメリク・オーバメヤン(ボルシア・ドルトムント、10.5%)に大きく差を付けて最優秀フィールドプレーヤーに選ばれた。28歳のレヴァンドフスキが同賞に選ばれたのはこれが初めてだ。

ノイアーも受賞

 それに対して、既に何度も同アンケートで賞に輝いた経験があるのはマヌエル・ノイアーだ。FCBの背番号1がKicker誌のアンケートでシーズン最優秀ゴールキーパーに選ばれるのは、これで4度目だ。31歳のノイアーは32.7%の票を集めて同アンケートで1位となった。2位はティモ・ホルン(1. FCケルン、12.9%)、3位はルネ・ヤシュタイン(ヘルタBSC、8.5%)だった。

ミュラーが手を手術

 トーマス・ミュラーが、2016-17シーズンに負傷した右手親指の手術を行った。ミュラーは現在シーネ(添え木)をつけた生活を強いられているが、7月1日のトレーニング開始までには回復する見込みだ。

News