presented by
Menu
GKが一足先にトレーニングを開始

ノイアーとフリュヒテル、カムバックに意欲的

 来たるシーズンへ向けFCバイエルンがトレーニングを開始するのは7月1日(土)だが、28日(水)それに先駆けたトレーニングがゼーべナー通りの練習場で行われた。数ヶ月前トップチームの練習に参加した際、足首の靭帯に裂傷を負ったクリスティアン・フリュヒテルは、リハビリの一環として再びピッチの上に立つことを許された。トーマス・ヴィルヘルミリハビリコーチ指導の下、器具を使ったトレーニングに代わりランニング、ボール、またコーディネーショントレーニングが野外で行われている。

 マヌエル・ノイアーの回復状況はまだそこまでに至っていないが、4月に中足骨骨折という重症を負って以来、FCバイエルンの背番号1を背負う同選手はカムバックへ向け邁進している。ノイアーは週の頭からすでにパフォーマンスセンターで汗を流している。筋力およびコアトレーニングのほかにも反重力トレッドミルAlterGを使用したトレーニングを行い、ピッチへの復帰に向け次なる一歩を踏み出したといえるだろう。

News