presented by
Menu
意欲全開で新シーズンへ

バイエルンが練習場に戻る

 FCバイエルンの夏休暇は終わった。最後の公式戦から6週間後、ドイツ王者は2017-18シーズンに向けて準備を開始した。多くのバイエルンファンが見守る中、来シーズンのアウェイユニフォームを着たバイエルン選手たちはようやくボールを使って練習を行った。カルロ・アンチェロッティ監督は、「私は来シーズンを非常に楽しみにしている。我々は多くのトロフィーを獲得したいと思っている」と意気込んでいた。

バイエルン選手たちはすでに午前中からメディカルチェックを行っており来シーズンに向けての準備を始めていた。マッツ・フンメルス、トーマス・ミュラーとその他のメンバーはサイクリングマシーンに乗って心肺機能テストと採血検査を行って午後の練習に臨んだ。すでに競技モードにスイッチを戻していたミュラーは、「とっても楽しい休暇だった。これからのテストマッチでも勝たないとね」とFC Bayern.tv live にコメント。


 ミュラーとフンメルスと同じくフランク・リベリー、ハヴィ・マルティネス、フアン・ベルナト、キングスレイ・コマン、若手選手クリスティアン・フリューヒトル、マルコ・フリードルが練習場に姿を見せた。チーム内の人数を増やすために非常要員トム・シュタルケと何人かのユース選手も今日の練習に参加。昨シーズン最終節で鎖骨を骨折したマルティネスは最後の紅白戦前に隣の練習場に移動し、個人メニューを消化した。リハビリプログラムを行っているマヌエル・ノイアーとジェローム・ボアテングは外の練習場ではなく室内のパフォーマンスセンターで汗を流していた。

準備期間はすぐに終わる

 7月10日に新加入選手コレンティン・トリッソ、アリエン・ロッベン、ロベルト・レヴァンドフスキ、ダヴィド・アラバ、チアゴ、ダグラス・コスタ、ラフィーニャがチームに合流すると考えているアンチェロッティは、「我々は選手全員でスタートしなかったが、これは普通のことだ」と話した。今月末にはヨスア・キミッヒ、レナト・サンチェス、新加入選手セバスティアン・ルディ、ニクラス・ズーレ、先日U21欧州選手権優勝を果たしたセルジュ・ニャブリがチーム練習に参加する予定だ。アンチェロッティ監督は、「彼らを歓迎することを楽しみにしている」と述べた。


 イタリア人指揮官は来シーズンを楽観的に見据えている。「私はこのチームにとても満足している。我々には多くの違った能力を持った良い選手たちがいる。彼らがチームを良くしていく」と語った。今後の新しい新加入選手の可能性については、「8月31日まで多くの時間が残っている。だが、私はすでに満足しているよ。このチームでも来シーズンを戦えると思っている」とコメント。新シーズン開幕までの時間は”すぐに終わる”と確信しているミュラーは、「物事が回り始めたらすぐに8月だよ」と言った。

News