presented by
Menu
2017年アウディ・サマーツアー

FCバイエルンが上海へ出発

 さあ、いよいよだ!抑えきれない期待を胸に、FCバイエルンは16日(日)夜半、アウディ・サマーツアーへ向けて旅立った。22時30分、ルフトハンザの特別旅客機が計178名の乗客を乗せ、最初の目的地である上海へと向けてテイクオフ。 トーマス・ミュラー、マッツ・フンメルス、ハメスを始めとした選手団、コーチ陣やスタッフ、マスコミの代表者やスポンサー、そしてファン達だけでなく、勿論FCB代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲとFCバイエルン会長のウリ・ヘーネスも同行している。

 ルンメニゲは「今ツアーのテーマは、友の訪問と成っている。我々は今から中国とシンガポールの友人を訪ねるのだ」とアジアへのフライトを前に語った。ミュラーも「楽しむように心掛けるつもりだよ」と取るべきを指針を定め、「ミュンヘンでは体験できないことを、あちらでは沢山経験するだろう。できることは経験しておきたいね」と笑った。

 マスコミとの質疑応答に際してルンメニゲは「このツアーにはスポーツ的な側面だけでなく、ビジネル的な側面もある」と詳細に言及し、「ファンとスポンサーに、当地で自らをプレゼンしたいと考えている。だがスポーツ的な意味合いも決して引け目を取らない。我々は有名チームと4つのテストマッチを控えている」と述べた。

 トレーニングの他にもFCバイエルンはアジアでFCアーセナル(7月19日)、ACミラン(7月22日)、FCチェルシー(7月25日)、インテル・ミラノ(7月27日)と試合を行う予定だ。「カルロ・アンチェロッティと共に全てを調整した。選手達はツアーでお互いに深く知り合うことができるだろう、とりわけ新加入の選手はチームにしっかり溶け込むことができるはすだ」とルンメニゲはコメントしている。

クローゼも同行

マヌエル・ノイアー(中足骨骨折)、ジェローム・ボアテング(大腿筋負傷)とアリエン・ロッベン(脹脛の負傷)はアジアツアーへの参加を見合わせている。早期の試合復帰実現の為、3選手はミュンヘンのゼーベナー通りで、最良の条件下で個人プログラムを消化するとの判断を下している。コンフェデレーションズカップで優勝を飾ったヨスア・キミッヒ、セバスティアン・ルディ。ニクラス・ズーレとアルトゥーロ・ビダルは、アウディ・サマーツアー終了後にチームへ合流する。尚現役選手達の他にもかつてバイエルンに所属したミロスラフ・クローゼが旅程を共にする予定だ。

 

アウディ・サマーツアー2017のメンバーリスト:

 アラバ、ベルナト、コマン、ドルシュ、フリードル、フリュヒトル、ゲッツェ、ホッフマン、フンメルス、ハメス、レヴァンドフスキ、マルティネス、ミュラー、パントヴィッチ、ラフィーニャ、リベリー、サンチェス、シュタルケ、チアゴ、トリッソ、ウルライヒ、ヴィンツハイマー

News