presented by
Menu
観光とファンミーティング

バイエルンin上海

 シュート対決、ジェットコースター、そしてインタビュー。猛暑の中2回のトレーニングを終えたバイエルンは、火曜日夜に様々なプログラムに参加した。トーマス・ミュラー、ハメス・ロドリゲス、ダヴィド・アラバはアディダス・フットボールパークで中国式フリースタイルによるサッカー対決に臨み、ハビ・マルティネス、フアン・ベルナト、マッツ・フンメルスはHugo Bossストアでファンの質問に答えた。

 その間、カール=ハインツ・ルンメニゲ、ウリ・ヘーネス、Dr. ディーター・マイヤー、ヨルグ・ヴァッカー、ルーヴェン・カスパーは上海のドイツ総領事館でヨルン・バイセルト領事と面会した。バイエルン幹部とバイセルト領事は、スポーツに力を入れている多くの中国企業責任者と夕食を共にし、親交を深めた。

 フランク・リベリーとロベルト・レヴァンドフスキもこの晩に、素晴らしいハイライトを体験した。上海のシンボルである東方明珠塔の前でファンと共にダンスを踊った後、冒険が選手たちを待ち構えていた。ジェットコースターに乗った選手たちは、VRスコープのおかげで上海市を駆け抜けるバーチャル体験をし、その後に現実の美しい夜景にため息をついた。リベリーは、「おかしな感じだったよ、だってすごく高いんだ。不安に思うのも当然だ。でもとてもきれいだったよ」と感心した様子だった。そしてレヴァンドフスキも「夜の上海を見るのは、とても特別だね」と感想を述べた。

 FCバイエルンの1日の様子は次の動画で見ることができる。

News