presented by
Menu
インサイド

全試合フル出場を果たしたキミッヒ

 ドイツ代表がコンフェデレーションズ・カップ2017を制覇し、ヨスア・キミッヒはそのタイトル獲得に大きく貢献した。キミッヒは同大会5試合すべてにフル出場したのである。22歳のキミッヒはほとんどの試合で右サイドのポジションに起用され、3バックもしくは中盤でプレー。キミッヒは唯一ドイツ代表選手の中で全試合フル出場を果たし、加えて同代表主将を務めたユリアン・ドラクスラーが途中交代後、2度キャプテンマークが彼の腕に巻かれた。ドイツ代表の中で2番目に出場時間が長かったのは今年の夏にバイエルンに加入するセバスティアン・ルディだった。この中央MF選手はグループステージのカメルーン戦(74分)でベンチに下がっただけである。

アマチュア選手が練習参加

 3日(月)午前中、カルロ・アンチェロッティ監督率いるチームの公開練習を見学するために多くのファンが再びゼーベナー通りにやって来た。新シーズン3日目のトレーニングメニューは筋力トレーニングと激しい試合形式のパス練習。今日の練習には1日(土)からの練習に参加しているバイエルン選手と、2日(日)にルーポルディングでの合宿を終えてミュンヘンに戻ってきたアマチュア選手たちで行われた。

News