presented by
Menu
2017年バイエルン州スポーツアワード

ラームがバイエルン州首相賞を受賞

フィリップ・ラームが偉大な栄誉を浴すことになった。FCバイエルンで長年キャプテンを勤め上げた同選手は、2017年7月22日に開催されるバイエルン州のスポーツアワード授与式に際してバイエルン州首相賞を贈られることが決定している。昨シーズン現役を引退したラームはプロキャリアを通して彼が残した功績にこの賞を与えられることとなった。

 バイエルン州首相ホルスト・ゼーホーファーは「フィリップ・ラームはサッカー界における類稀なる選手であり、敬服に値する人物だ。明晰な頭脳と洗練された話術、高い目的意識、また正しい感覚を活かし自らのキャリアを積み、そしてその際常に自分に忠実だった」とFCバイエルンに籍を置いた選手について語った。

 ラームは「ピッチの外でも、サッカー界での成功を夢見る者以外にとっても彼は真の見本となった。フィリップ・ラームは彼のプレーで我々を常に熱狂させ、そのため2017年のバイエルン州スポーツ賞を贈与するに相応しい」とゼーホーファーは続けている。

 ラームはキャプテンとしてドイツ代表を2014年のブラジルでワールドカップ優勝へと導き、昨シーズンはブンデスリーガで8回目となる優勝を飾り、また2013年にはリーグ優勝、ポカール優勝、チャンピオンズリーグ優勝のトリプルをミュンヘンへともたらしている。10年以上に渡り右サイドバックを務めた同選手はFCバイエルンとドイツ代表のプレーを形作った。

 これはラームにとり初となるバイエルン州スポーツ賞受賞ではない。既に2009年彼はドイツとアフリカの恵まれない子供達のために自ら運営する基金での取り組みに対し、スポーツ選手プラスのカテゴリーで賞が贈られている。

 

News